アデレーダ ピノ・ノワール・エステート 2009、Adelaida Pinot Noir Estate 2009 | VINATERIA Wine Speciality


English/日本語

 

English order form
 

トップ > タイプで選ぶ > アデレーダ ピノ・ノワール・エステート 2009、Adelaida Pinot Noir Estate 2009

アデレーダ ピノ・ノワール・エステート 2009、Adelaida Pinot Noir Estate 2009

美しい色と凝縮した果実味が2009年のすばらしいヴィンテージを物語っている。ブラックチェリーと深い森を思わせるクラシックなアロマとしっかりとしたボディ。みずみずしくベルベットのような滑らかな舌触りもこのピノ・ノワールの特徴です。Adelaida Pinot Noir Estate

 

標高700mに届くなだらかな丘が続き、片側にブドウ畑、反対にウォールナッツの林が広がる丘陵地、アデレーダ・ディストリクトの歴史は、1920年にポーランド出身のイグナス・ぺデロスキ(IgnacePadrewski)が石灰を多く含む泥岩で生成された土壌に惹かれ、ジンファンデルとプティ・シラーを植えたことから始まります。その後1963年にスタンレー・ホフマン博士によって植えられたピノ・ノワールは、カリフォルニア州の中で最も古い畑のひとつとなりました。ホフマン博士は1973年に、後に“カリフォルニアワインの父”と呼ばれるアンドレ・チェリチェフをコンサルタントとして招き、醸造家の指導に当たらせました。ワインの品質は飛躍的に向上し、国際的なコンペティションでも認められるほど素晴らしく、多くの賞に輝きました。現在この畑はHMRヴィンヤード(Hoffman Mountain Ranch)と呼ばれ、高品質のカリフォルニア・オールドヴァイン・ピノ・ノワールを生み出しています。HMRヴィンヤードでは主に、オールドヴァインを含むピノ・ノワールとシャルドネを栽培しています。南の急斜面でありつつも標高が高く、海からの冷たい風がたまりやすいこの畑は周囲の畑より常に数度温度が低く、その微気候はそれぞれのブドウの素晴らしいニュアンスを引き出します。
ローヌ品種を中心に栽培しているアンナズヴィンヤードは6種類の赤と4種類の白ワイン品種があります。パソ・ロブレスはローヌ品種の栽培に非常に適した土地で、多くのワイナリーが上質のローヌ品種のワインを造っており、アデレーダもその一つです。
アデレーダ・セラーズは、環境保全に対し真剣に取り組んでおり、出来るだけ除草剤など農薬の使用を控え、ラマやアルパカを飼い外敵から畑を守り、羊を放牧し雑草を処理するよう工夫をしていま
す。この他にも30以上の細かい基準をクリアし、現在HMR を含む5つの自社畑は「SIP-ustainability in Practice(持続的環境保全型ワイン生産)」の認定を受けています。

 
タイプ:赤ワイン
生産国:アメリカ
地域:パソ・ロブレスAVA、カリフォルニア
生産者:アデレーダ・セラーズ
容量:750ml
葡萄品種:ピノ・ノワール 100%
商品コード : IC-AD091000
希望小売価格 : 4,158
価格 : 3,564円(税込)
数量    残りあと2個
 

18000円以上は配送料無料

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ